キャラクタープロフィール

安浦岡花火–キャラクタープロフィール

概要| 安浦岡花火–キャラクタープロフィール

安浦岡はのXNUMX人の主人公のXNUMX人です クズの本懐 彼女のPOVからのイベントのほとんどを見て、最初のエピソードの冒頭と他のいくつかの後のエピソードで彼女のナレーションを聞くので、間違いなく主人公です。 安浦岡はムギに打ち明け、彼を愛しているふりをし、その見返りにムギは彼女に同じことをする。 このサイトにはScumsWishに関する多数の記事があり、それらに関連するこの記事にそれらへのリンクを残します。

外観とオーラ| 安浦岡花火–キャラクタープロフィール

メディア アニメ、安浦岡は5フィートほど短く、短い黒髪と明るい青い目をしています。 安浦岡の見た目は特にユニークで識別可能であり、彼女は実際に彼女について非常にリアルでもっともらしい見た目を持っています。特に彼女が描いている高校の見た目はそうです。 彼女の全体的な見た目は、日本から来た人にとってはとても親しみやすいので素晴らしいです。

真っ赤な髪やピンクの髪、大きな胸などはありません。それは物語をより信じやすく、実現可能にします。 彼女の目は アニメ 水色で、彼女のキャラクターに冷たい感じを放ちます。 にシーンがあります アニメ 安浦岡はこのように外れ、これは彼女の最初の姿によって目に見えて助けられています。

これに加えて、彼女の通常の服装は彼女の制服であるため、彼女の外見はほとんどフォーマルです。 しかし、普通の服を着て、派手すぎたり、上を覆ったりしないシーンもありますが、決して望ましくないようには見えません。つまり、自分の面倒を見てくれます。

性格| 安浦岡花火–キャラクタープロフィール

安浦岡の性格はアニメでは非常に複雑であり、彼女が異なるキャラクターの周りにいるとき、彼女は異なる行動をするため、彼女の行動を正確に特定することは困難です。 その理由は、安浦岡は、例えば麦の周りで特定の方法で行動する必要があることと、金井氏のために別の方法で行動する必要があることを知っているからです。 前に述べたように、彼女は控えめに言ってもかなり偽の個人であるため、これは彼女の実際の全体的な性格を要約するのを難しくします。 それにもかかわらず、安浦岡はやや控えめで優しい性格を持っており、物語の他のキャラクターに恐れられています。 彼女は独立しているように見えますが、他のキャラクターから簡単に操作されたり影響を受けたりするため、わかりにくいです。

メディア アニメ 彼女はいつでも彼女を苛立たせたり敵対させようとしている人には誰にも与えず、しばしば彼らに冷たい肩を与えます。 彼女が金井氏の周りで行動する方法は非常に異なり、彼女はしばしば彼に彼女をひいきにさせ、常に彼を尊敬します。 それは明らかです アニメ 彼女は彼に感銘を与え、彼を喜ばせたいと思っています。

歴史| 安浦岡花火–キャラクタープロフィール

クズの本懐では、安浦岡は最初のエピソードでムギに会い、最初は彼に気づかなかったにもかかわらず、彼も彼女のクラスにいることに気づきました。 安浦岡は初めての出会いの後、麦に認める美奈川に恋をしているのかと尋ね、その気持ちをどのくらい感じているのかを問う。 ムギは彼女にすべてを話します、そして、我々は最初のエピソードでそれをすべて出します。

この後、第XNUMX話で麦と安浦岡がどんどん会い始め、これがすべて第XNUMX話に表れています。

この後、安浦岡と麦はますますお互いに会い始め、これは アニメ。 セックスと感情的なサポートのためにお互いに依存し始め、これはエピソード1で彼らが作る協定と結びついています。

最初のエピソードの終わりに、安浦岡が協定を結ぶと言っているところについての声があります。つまり、彼女とムギはお互いの側にとどまり、気が散っているときは常にお互いを慰める協定を結ぶということです。 最初のエピソードで安浦岡はそれが彼女であると説明します クズの本懐、つまり、彼女が自分自身について言及していることに関連する唯一の願いを意味します。

彼らはエピソードの大部分でこれを続けており、安浦岡が別のキャラクターの江波早苗との新しい性的関係を開始したときにのみ停止します。 彼らはまた、より多くの性的な出会いを一緒に始めます、そしてこれはいくつかのエピソードのために続きます。

彼女のムギとの関係は本当にここで終わり始め、彼らはお互いをますます見なくなります。 これはすべて、ナレーションと安浦岡がお互いを見ることが少なくなり、ホールですれ違うときにお互いを見ることさえないというシーンで描かれています。

麦と安浦岡は、終わりの直前に再び会い、お互いの接触をやめることに同意します。 これは、連絡をやめるというXNUMX人の相互の決定であるため、相手に頼る必要はありません。 今それについて本当に考えているのは、二人の十代の若者たちにとって最良の決断です。

彼らは同情のセックスをする必要はなく、快適さと感情的なサポートのためにもう一方を使用する必要はありません。現実的には、お互いを正しくそして真実に愛することを学ぶことができない限り、それはXNUMX人にとって最良かつ最も賢明な決定です。 これは、ムギと安浦岡の関係が終わるところです。 アニメ.

これは非常に悲しい結末であり、視聴者が見終わったときに満足したものです。 アニメで二度と見られないのはとても残念で、多くの人が見たいと思っています。 うまくいけば シーズン2 これを提供し、私たちはそれらを再び一緒に見ることができます。

左の記事で完全に議論したエンディングは、 シーズン2 可能であり、それが作成された場合はどのように見えるか。 また、スピンオフマンガのキャラクターと、アニメのイベント後に彼らがたどった道について話し合っているところも調べました。

これは、アニメの後は スピンオフマンガ 起こる。 そして、それぞれのキャラクターが今どこにいるのかを知ることができます。

しかし、これは物語が終わるところではありません。 スピンオフマンガ ハナとムギがまた一緒にいるのを見ることができて、いいシーンです。 私たちはこれについて多くの記事を書き、私たちの記事を紹介するYouTubeビデオさえ作成しました。 あなたはここでビデオを見ることができます:

キャラクターアーク| 安浦岡花火–キャラクタープロフィール

安浦岡のキャラクターの弧は非常に興味深いものです。なぜなら、彼女はさまざまな経験をしたり、他の多くのキャラクターと交流したりしているからです。 アニメシリーズ。 彼女はムギとのこの偽の関係を始めて、彼女が試みて愛されることができるようにします、しかしそれはとにかく本物ではありません。 そして、彼女が本当に好きだと思われるあのエバトの女の子と他のことを試みて、それを終わらせ、金井氏に告白し、そしてムギとの協定も終わらせます。 これらのテーマを中心としたさまざまなシーンが満載です。

安浦岡はこういうことでいつも混乱や悲しみの状態にあります。 彼女は金井さんに恋をしていると思われるが、とにかく彼に拒絶され、彼女も彼女に恋をしていないムギに打ち明け、彼女を彼が愛している人のふりをするためだけに使っている、それは巨大ですぐるぐる回るだけの円、それはすべて偽物です。 この後、彼女はムギと一緒にそれを残すことになり、それから私たちは彼女が漫画のどこにいるかを見る。 スピンオフ漫画では、彼女は実際に自分で大丈夫です。

彼女は会場でイベント管理を始め、イベントのスタッフとして働いています。 これは明らかに、ムギが会場で彼女を見つけて彼女に話す場所です

「彼氏ができないように」

これは、ハナに関係を求めずに彼を待つようにほのめかしているムギです。 それは彼のスピンオフマンガにとって非常に興味深い結末であり、彼らが一緒に戻るかどうかという迫り来る質問を懇願します。 本当に、新しいコンテンツがリリースされるのは時間の問題だと思います。ScumsWishのXNUMX人のキャラクターの間で結果を見ることができます。 しかし、私たちはただ待って見る必要があります。

クズの本懐における性格の重要性| 安浦岡花火–キャラクタープロフィール

安浦岡のキャラクター クズの本懐 で非常に重要です クズの本懐 彼女が主人公なので。 彼女はシリーズのほとんどでムギのガールフレンドとして行動しますが、後で他の多くの性的関係を持っています。 安浦岡がいなければ、 クズの本懐 とにかく偽物であるXNUMXつの間のダイナミックな愛全体は機能しません。

ムギは彼女を彼自身の性的欲求のために使用し、安浦岡は彼らの関係においてムギに同じことをします。 両者の関係は平等であるように思われ、それは彼らが一緒にいないことを相互に決定したときに明らかです。 安浦岡は非常に重要なキャラクターであり、ムギと同じくらい重要です。

花がなければ、ムギは音楽の先生に対する彼の気持ちに対処するのに苦労したと思います。 ハナのおかげで、彼は気を散らすために彼女に頼っています。 花火安浦岡に関するこの記事を楽しんだら、以下の他の同様の記事のいくつかをチェックしてください。 私たちは、多くの異なるシリーズや映画からの他のキャラクターのホスト全体からの多くの異なるキャラクターに多くの異なるキャラクタープロファイルを持っています。

同様のアーティクル

C

コメントを残す

Translate »
%d このようなブロガー: