アニメの詳細

ピーチガール–ファニメーション隠された宝石

ピーチガールは、もともと8年2005月25日から2005年XNUMX月XNUMX日まで実行され、日本のHighscoolの学生であるモモアダチの物語に続くロマンチックなアニメです。 モモは東寺香森和也、または「東寺」と呼ばれるように慌てていますが、この愛は彼女のいわゆる親友のサエ(ツァイ)柏木によって絶えず試されています。 冴は狡猾さを利用し、学校全体を操作して彼女を信じさせ、モモからトージを盗むことができるようにします。

概要

物語は時々信じられないほど深くなり、物語の冒頭で冴の真実を知っているのは私たち視聴者とモモだけなので、XNUMX人のキャラクターに共感するのは簡単です。 Saeが本当に面白いと人々に信じさせるために使用するテクニックと方法、そして私はこのセミレトロアニメにチャンスを与えてくれてとても感謝しています。

主人公

ピーチガールの主人公は特に好感が持てて面白かったし、彼らもユニークでした。 それぞれのキャラクターには独自の問題と異なる性格がありました。 カイリが最初はとても迷惑で冗談を言っていたのが好きでしたが、もっと真面目で思いやりのある別の側面がありました。 これは彼の性格への素晴らしい追加であり、それは物語を助けただけでなく、以前のエピソードでモモに味方を与えました。 彼女の行動の動機は探求されていますが、あなたが望むなら、Saeは素晴らしい敵対者を作りました。 モモは、彼女がどれほど極端で、それが非常に適しているかという理由で、彼女を「スーパーサエ」とさえ呼んでいます。

まず、17歳の高校生の足立桃がいます。 モモは立派な性格を持った好感の持てる人物です。 彼女は親切で、面白くて、魅力的で、良い道徳を持っています。

彼女のことを嫌うことはあまりありませんが、それが、サエが広めた嘘がとても真実ではないので、とても影響力がある理由です。 これは、モモが彼女についてのこれらの噂にどのように反応するかを確認するときに、モモのキャラクターに実際に影響を与え、テストします。 このような状況に置くことで、キャラクターの資質を示すのに最適な方法です。

次は、モモの恋愛関係者である藤鹿森和也さんです。 彼はシリーズの間、主に特定のタイプの方法で行動し、彼の性格はそれほど変わりません。

トージはモモのサエに対する懸念と彼女が広めている嘘を心配している。 これはモモにほとんど選択肢を残さず、トージがほとんどの時間サエの側を取り、彼女の操作の犠牲になるので、彼女の唯一の友人はカイリであるようです。

彼は良い面を持っていて、一般的に好感の持てるキャラクターです、彼は善意を持っていて、モモを愛しています、しかしこれはサエを止めません。

3つ目はモモにしか見えない2面のカイリオカヤスで、とても面白かったです。 カイリは最初、モモに非常に不快感を与えるような冗談っぽい非真面目な態度で行動します。

カイリは彼女が幸せになることを望んでいるだけで、彼も彼女を愛していることは明らかです。 彼は彼女を手に入れることができないことを知っていても、それでも彼女をサポートし、東寺と冴について彼女にアドバイスさえします。

カイリはシリーズの中で非常に重要で立派なキャラクターであり、キャラクターとして彼と一緒に投資する何かを本当に与えてくれました。

最後はシリーズのメインアンタガニストを務めるサエ(ツァイ)柏木で、少年は失望しませんでした。 彼女の計画に入る狡猾さと計画のレベルはほとんど理解できません。

Saeはクラスの全員を有利に演じ、他のサブキャラクターの感情的なトリガーを自分の利益のための武器として使用します。

彼女は私が言ったように素晴らしい敵対者を作り、彼女の動機は人気、嫉妬、嫉妬、そして意地悪に関係しており、全体的に非常に残酷な性格になっています。

プロット

あまり諦めずに、ピーチガールの物語はとてもシンプルでわかりやすいです。 ただし、元のストーリーとは異なるいくつかの重要なプロットの変更とサブナラティブがあります。 ナラティブは、あるサブナラティブから別のサブナラティブにすばやく移動します。これは、処理が非常に難しい場合があります。

しかし、一般的な物語と各エピソードの内容は通常、次のエピソードの最初に要約されているため、前のエピソードで何が起こったのか、そして一般的に何が起こっているのかを非常に簡単に理解できます。 それはとても簡単な方法で始まります、モモは日焼けした肌を持っているので、サエはトージが日焼けした肌の男の子だけが好きだという噂を広めます、これはモモにトージが彼女を決して好きではないと信じさせ、彼女は太陽さえも得ないように一生懸命努力しますこの期間中。

これは、東寺が実際には気にしていないことに気づき、真実が明らかになるまでです。 冴はこういうことから喜びを得て、これがモモに起こるときそれを愛しているようです。 彼女はまた、人々が彼女の側にいないか、完全に確信していないときに単に泣くことによって犠牲者を演じるので、常に彼女を信じるように学校全体を操作します。 この後、サエはトージ(これまで女の子にキスしたことがない)に、ママが彼女の後ろにいるので、トージに自分自身を強制する前に、彼女で練習する必要があることを納得させます。 明らかに東寺はモモを見ていませんでしたが、サエは見ました、そしてこれはすべて彼女の計画の一部でした。

キャラクターの衝突

このシーンの後、モモは明らかに非常に動揺しており、トージがなぜそんなことをするのか疑問に思います。 その間ずっとカイリは彼女を慰めている。 それは4人の主人公の間で大きな対立を引き起こし、私たち(視聴者)が真実を知っているので、真実を知っているときに全体の状況に対するモモの反応を見るのは非常にエキサイティングです。 それは素晴らしい文章であり、それは本当にあなたを見続けます。

モモは多くの点で魅力的なキャラクターであるため、彼女に共感するのは非常に簡単であり、これにより敵対者のサエは非常にうまく機能します。 その理由は、真実を知っているのは視聴者のモモとカイリだけであり、その素晴らしい文章と対話を伴うキャラクターはこれをさらに進めるだけだからです。

重要なのは、誰が道徳的に間違っているサエが彼女の行動にあるとしても、彼女はいつでも戻ってきて物語をひねることができるということです。 彼女はモモに露骨に嫉妬しており、これは両者の間に大きな対立を引き起こします。

華麗なオールラウンドラブストーリー

ピーチガールの対立の理由は、しばしば愛のテーマに由来します。 モモはトージに深い愛情を持っており、サエはこれを見ています。 欲しいものが全部揃っていても、学校全体がモモに対抗し、スーパーモデルの彼氏や、まだまだ満足していないとみんなが信じている理由がわからない。 その理由は、東寺が他の彼氏にはできないことを佐江に提供しているからです。 Saeはまだ彼に恋をしていません(もちろん)彼女の利益のために彼を使用しています。

冴は、自分が欲しがっているのは自分だけが持っていないのは、東寺からの無条件の愛であることが明らかです。 彼女はそれから彼女の不満足な不幸で境界線の怒りの状態から抜け出す唯一の方法は東寺と桃が一緒にいないことを確認することであると要約します。 これが起こっている間、私たちはカイリが動揺しているのを見て彼女を慰める小さなシーンを与えられます。

コメントを残す

Translate »
%d このようなブロガー: